同窓 −A
何事も無く過ぎていった。
ある日のこと‥‥‥


突然,電話で呼ばれたのだ。
先生,内線3番です」
言われて電話を取る。


その受話器の向こうからいきなり聞こえた声には驚いた。
「よう,。元気だったか?」
?」


そこから聞こえたのは,かつて同じテニス部だった,の声だった。
「お前‥‥。どうしたんだ?いきなり‥‥‥」
急に電話してくるなんて。
しかも,学校に‥‥‥
「って言うか,お前。なんで知ってる?」
(でも良かった。今が授業中で‥)
内心そう思いながらも,声には出さない
「ん?あぁ。情報網を甘く見・る・な・よ。君?お前が母校で働いてるなんて,結構みんな知ってるぜ?」
「な‥マジ?」
「うん。それでな,今日から俺日本に帰るんだ。一応連絡しておこうって思って。それと‥‥」
言って電話を切ってしまった。



その後のの授業は,ほとんどボロボロだった。
普段は絶対に単位ミスなんてしないに,それを連発。
声もすこし疲れたような感じだった。
先生,どうしたんです?」
昼休み,内容の確認に来ていた不二にまで心配をさせてしまった。
「ん?あぁ,すまん。質問だったね。」
「はい。この問題なんですが‥‥‥」

言いながら,過ぎていく昼休み。


今日も,一日終わったか。
明日は‥‥‥‥‥‥休みだ。


しかし‥‥‥本気か?
学校に来るなんて‥‥現役のプロが。


(ま,着くのは明後日って言ってたし‥)
そう思って,テニス部の予定を調べる。
(あ,地区予選の日だ。ま,いいや。って言うかむしろ好都合)
理由は,朝からテニス部関係は誰もいないってコトだ。



−− s i d e   −−


その日,ヤツを空港に迎えに行った。


「でも,お前が先生やってるなんてな。」
「そんなに意外か?」
「あぁ。てっきり親父さんの跡,継ぐんじゃないかって思ってたからさ。」
「バカ言うなって。止めてくれ。」
誰があんな人の跡なんか継がなきゃなんないんだ?
アブネ。ハンドル切るとこだった。
「動揺させんな。危ないだろ」


「‥‥すまん。でも,いいのか?勝手に使って‥‥」
提案しておいて,心配する辺り全然変わってないな。コイツは‥‥
「まぁ,良いんじゃない?一応バァさんには許可取ってあるし‥」
ま,
『手塚には一応話しておくぞ』って言われたけど‥




「あんまり変わってないんだな。」
入るなり,辺りを見て言う。
「そんな急に変わるかよ。ま,変わったって言えばレギュラージャージは変わったぞ?」
「ホントか?」
「うん。背中にローマ字で『青学』って書いてある。」
それを聞いたは,
「そうか‥‥。やっぱり入れたんだな。」
と,言った。
「ま,昔のジャージ着てても,竜崎センセーくらいしか気付いてないからね」
「‥お前,まだ持ってたのか?」
あきれられた。
ま,そうだよね。10年以上前のジャージをまだ持ってるなんて‥‥
「いいやんか。別に。」


「で,どうすんだ?」
話が変わった。
「わかったよ。先に入っておいてくれ。」
言って,ネットを取ってくる。


これって10年前から‥‥置き場所,変わってない?
オレ達が変えた時まんまじゃねーのか?もしかして‥‥


「懐かしいな。ネット張り」
などと言いながら,オレとはネットを張る。
「じゃ,開始だな。」
そして始まった試合。


があの日電話で話した内容は,
『学校に行くから,試合しよう』って内容だった。
『本気か?』って言うオレに,
『お前倒さないと,帰る意味がないんだよ。部長さん?』
だって。


『オレは現役をもうとっくに引退したの!!』


だけどソレは言えなかった。
タイミング悪くチャイムが鳴ったからだ。



しばらく無言のラリーが続いた。
コートチェンジの時,
「変わってなくて安心したよ,。全然運動してないわけでもなさそうだな。」
「まーね。一応やってるよ。」
「これが引退して5年の動きか?」
「うるさい。」
「ま,これからオレは本気でいくから,覚悟しておけよ?」



多分,ここから試合だ。
だって,さっきは『試合』とは言わなかった。


そして,
その言葉通り,サーブの威力が上がった。
こりゃ『昼行灯』の名前,返上でやらないと‥‥
負けるな。





「ゲームセット。ウォンバイ俺。だな」
「ああ。」
アトガキ
ザンゲ :先輩なら,後輩の試合くらい見に行ってあげたらいいのに‥‥
先生‥‥‥‥‥‥‥‥
で,どっちが勝ったの?って言うか,プロを相手にしてる先生って一体?
2017/07/17 書式修正
管理人 芥屋 芥